病院内保育ってどんな仕事をしているの?基本的な内容を知ろう

仕事の特徴!病院内保育で求められるスキル

メリットが豊富!

一般的な保育施設で働くのと、病院内保育で働くのどっちが良いんだろう?と悩んでいる人は病院内保育で働くメリットについて調べてみましょう。下記のランキングでは、人気メリットを紹介しています。

病院内保育で働くメリット

no.1

人数が少ない

預かる児童の人数が、他の保育施設に比べて少ないため一度に大勢の子供を相手にするのは厳しい・・・という人から人気です。担当する業務も少ないため負担も少ないと言われています。

no.2

給与が高い

病院内保育で働く正規職員は、他の保育施設よりも給与が高いと言われています。そのため、少しでもお給料が高い所で保育士として働きたいという人には最適です。

no.3

大きな行事が少ない

施設内で行なえる行事はあっても、運動会のような大きな行事が開催されることは比較的少ないと言われています。そのため、大きな行事が苦手という人が注目しています。

no.4

保護者と連携が取りやすい

病院内保育は、保護者が働いている病院の中にある保育施設のため子供が体調不良のときや、トラブルが発生したときは直ぐに連絡することができます。そのため、連携が取りやすくコミニュケーションも取りやすいと言われています。

no.5

シフト性で働ける

ほとんどの病院内保育が、シフト性のため早朝勤や夜勤をやりたい!という人にはピッタリな場所です。シフト性のため、土日・祝日ではなく平日に休みが欲しいという人から人気です。

病院内保育ってどんな仕事をしているの?基本的な内容を知ろう

保育士と子供

臨機応変な対応が必要

病院内保育は、保護者の出勤時間に合わせて登園する児童が多いため臨機応変な対応が求められます。例えば、夜勤で働かなければいけない保護者の子供が、寂しそうにしていたり、眠そうにしていたりしたらしっかりとサポートする必要があります。

幅広い年齢の子供への配慮

ほとんどの病院内保育には、クラス設定がありません。そのため、0歳時から5歳6歳の子供を同じ教室で見る必要があります。年齢層がバラバラな子供を同じクラスにすると、喧嘩をしてしまう可能性も出てくるため一人ひとりに配慮し接していかなければいけないとのです。

場所に応じたレベルの対応

病院内保育の場所によって、求められる保育レベルが異なります。そのため、前の職場ではもっと高いレベルの保育が求められていたのに、ここでは違うというギャップに戸惑ってしまう人も少なくありません。