病院内保育とは?気になる疑問を徹底解明!

病院内保育の仕事内容を知っておこう!「面接前に知りたい事」

病院内保育と保育園の違い

病院内保育と保育園は子供を預かるという部分では同じですが、働く場所が違います。そのため、園庭が無い保育所や出勤時間がバラバラになってしまう保育所もあります。そのため、自分が働くならどういった場所が良いか考えておきましょう。

働く前の注意点ランキング

no.1

シフト制の場所が多い

病院内保育は、病院内で働く医師や看護師の子供を預かるため、夜勤・早朝勤などをすることもあります。また、土日・祝日出勤になる可能性も高いため、固定出勤や土日・祝日休みを希望する人には厳しいでしょう。

no.2

大きな行事が無い

運動会やお遊戯会など、年に一回行なわれる大きな行事が病院内保育では無い場所も沢山あります。そのため、子供と一緒に大きな行事を目指して頑張りたい!という人は、満足できない可能性があります。

no.3

外遊びができない事もある

施設によって異なりますが、病院内保育の中には園庭が無い場所も少なくありません。そのため、授業の一環として外で遊ぶということができない場合もあります。外遊びが好きな保育士にとっては物足りないでしょう。

病院内保育とは?気になる疑問を徹底解明!

保育士と子供

病院内保育とは

普通の保育園と病院内保育に、大きな違いはほとんどありませんが利用する人が偏っているという点は異なります。一般的な保育園は、色んな業種の人が利用していて、働く時間帯や預かる時間帯が固定化されています。しかし、病院内保育は看護師や医師の子供を預かっているため、勤務時間や預かる時間帯がバラバラです。また、病院の中にある保育園のため、24時間365日開いている保育園もあります。

勤労形態や子ども数はバラバラ

病院内保育は、病院の中にある保育施設のため場所によって勤労形態や子どもの数がバラバラです。そのため、小規模スペースで少人数の面倒を見る場所もあれば、大きなスペースで大人数の子どもを見ることもあります。勤労形態は、正社員の人も居れば契約社員・非常勤の人もいるため、自分がどういった勤労形態で雇って欲しいのか考えておいた方がいいでしょう。